Life is Tech!

03-5439-9422(平日 10:00〜17:00)

シンペー流受験勉強法

2013.04.25

おはこんばんちは!!

あだち充作品の「ラフ」という水泳マンガが大好きな松井シンペー(@ShimpeiMatsui)です。

 

 

さて、前回宣言したように

今日は僕の中高生時代の受験勉強法です。

これはあくまでも【大学受験】というモノに対する僕の勉強方法なので

ご理解頂いた上で以下をお読みください。

 

 

 

世の中には、勉強が自分で出来るタイプの人と

なかなか自分で出来ないタイプの人が、いると思います。

多分前者が10%、後者が90%くらいじゃないかな。

 

 

僕は、勉強が嫌いでした。

本当に嫌いでした。

なので、自分で勉強をする事がものすごく苦手でした。

というか、自分の部屋で勉強とか全然できなかったです。

マンガ読んじゃうし、何故かテスト前になると掃除はじめちゃうし。

ホントに「勉強をする」という行為が苦手でした。

 

 

 

そんな僕は、なんと奇跡的にも慶應大学に受かりました。

 

 

 

つまり、勉強したのです。

勉強嫌いだったのに。

 

勉強をあれほど出来なかった僕が、勉強をした方法とは

 

 

 

勉強しか出来ない場所・環境へ自ら行く でした。

 

 

 

携帯を置いて、図書館へ行く。

とりあえず塾に行く。

塾とか、予備校の自習室に籠る。

自習室とかで勉強めっちゃ出来るやつの後ろに座る。

単語帳だけ持って何も無い公園とか河川敷に行く。

 

 

色々考えて、色んな方法で勉強しかしない環境を作りました。

 

とにかく、

「残念!!ここでは勉強しかできません!!あだち充のラフは読めません!!」

って環境を作る。

じゃないと勉強しないから。

 

 

おそらく今の時代、静かな自習室でも携帯を使ってコンテンツを楽しむ事ができてしまうので

そういった環境を、自分で抑制できる仕組みを作るかってのが大事だと思います。

 

 

 

勉強をしなきゃ!って思って出来ないのは、正直普通だと思います。

ただ、勉強しか出来ない環境を作る事はできるんじゃないかな。

そうすると、自然と勉強やっちゃうんだよね。ふふん。

だって勉強しかすることないんだもん。

 

 

 

まぁあくまでも、これは受験勉強に対するものですね。

受験生のみんな、がんばってね(´ω`)