Life is Tech!

03-5439-9422(平日 10:00〜17:00)

日本の未来は明るい!

2013.04.28

こんにちは!!

日曜担当のにしむーこと西村ですー:)

 

今日は新宿マルチメディアスクールWAVE 新宿本校にて無料体験会が開催されました!

中には、Edu×Tech×Fes U18(http://www.youtube.com/watch?v=w34iz2HvSyY

にも登場した山本恭介くんの姿も!!

 

実は私、彼には3日連続で会ってるんです^^

金曜日は広尾学園さん萩原伸郎先生の講演会でお話を聞き、

土曜日はApple銀座で行われましたイベントで彼は登壇者として見事なプレゼンテーションで会場を沸かしていました!!

どちらのイベントも背中がゾクゾクするほど刺激的な空間で、これからの学校教育のあり方が見えたような気がしました。

 

この二日間のイベントに参加し、

学校教育は徐々に反転教育(※)に移行していく必要があるのだと改めて感じました。

(※説明型の講義をオンライン教材化して宿題にし、従来宿題であった応用課題を教室で対話的に学ぶ授業)

 

以前は(現在は)、講義型では、知識を教え、ノートにきっちり書き写し、

テストでそれらをきちんと覚えているかどうか重視していたのが、

今後は演習中心の体験型で、参加者自身が話合いや情報共有を行いながら、

自分たちで考えて「気づき」が得られるかどうかが重視されていくとのこと。

 

具体的には講義をPodcastsなどの動画やテキストやオンラインで学習しておいて

現場では、グループワークや情報の共有など、
リアルに人と接することでしかできないことをするという「反転学習」の潮流が

オーストラリアなどでは出てきているそうです。

 

この反転教育の何が良いのでしょうか?

 

「かけっこ」を例に挙げても、よーいどんでスタートしても

みんながバラバラにゴールすることは皆さん分かっていることと思います。

ただ、勉強のことに関しては、なぜかそうではありません。

そのため残念ながら、興味の対象や能力が違う子どもたちが、一つの教室に集まって集団で先生に教えてもらっているため

「自分のペースで学ぶことができない」ということが起こっています。

しかし、反転教育が実現すれば、知識の習得自体は自宅でそれぞれが自分のペースにしたがって学習できます。

そして学校の集まる場では、わからないところを先生に聞いたり、

お互いに教え合ったり、グループ学習で討論したりする形になっていくでしょう。

 

 

萩原先生は講演で

これからの時代は以下の5Csという能力が必要になってくるとおっしゃっていました。

・Communication(対話、発表、議論)

・Collaboration(協働、共同作業)

・Critical Thinking(批判的、論理的、構造的思考)

・Curation(情報の取捨選択)

・Creation(創造性)

 

日本人はCollaboration、Curation、Creationの3つに関してはうまいのですが、

CommunicationとCritical Thinkingが苦手な傾向が非常に強いそうです。

 

それが、反転教育が行われるとどんなことが起こるのか。

 

簡単ですね。

学校でお互いに教え合ったり、グループ学習で討論したりすることで、それらの力を伸ばすことができることでしょう。

 

すでに現在のITの技術やノウハウがあれば、
そういった教育は十分実現できるのです。

それを実際に行なっている先生軍団が「iTeachers」と呼ばれる教育ICTの先駆的な実践者集団です。簡単に言うとApple銀座での登壇者の皆様ですね。

制度的な問題や、教える側のスキルの問題で、拡大にはかなり時間はかかるとは思いますが、

変えていこうというマインドをもった先生達がいることは確かです!!

萩原先生は公演後、「日本の未来は明るいよ!」と言ってくださりました。

 

また、日本の教育ICTを推し進める動きは先生方だけではありません。

山本くんのように生徒の目線から、自分の学校を変えていこうというパッションを持った学生がいることも確かです。

今、山本くんは「iTechers」に倣って「iStudents」という学生集団をつくろうとしています。

 

実際に彼は「デジタルデバイスは百害あって一利なし!」といっていた中学校に

iPadやiPodを導入した経験があるのです!

【詳しくは:http://www.ikyosuke.com/reports.html http://atcafe-media.com/2013/03/17/presentation_yamamoto/

 

 

このブログを呼んでくれている全国の中高生のみなさん、

「自分の学校を一緒に変えませんか?」

 

是非彼に連絡を取ってみてください!!Life is Tech!も彼らを応援します!

 

 

以上新宿WAVEよりー:)